« よく聞け 人間よ | トップページ | ろくでなし野郎 »

2013年6月17日 (月)

バナナン日記


バナナは果物の王様だった




そう   あやっちがオカッパ頭だった頃は

遥か遠く南国からやってきた果物の王様 banana





給料日には いつも 父が果物屋でバナナを買ってきてくれた。

Cocolog_oekaki_2013_06_17_11_41

ちゃぶ台の周りには緊張した妹と私が座り 

ちゃぶ台に置かれた バナナと給料袋を見つめていた。

母がバナナを包んだキレイな包装紙を丁寧にたたみ 

甘くせつない南国の香りと共に黄金色に輝くバナナを見て

ニッコリとほほ笑む。 (主に給料袋に微笑んでいた母)

そして  一房ずつ 私と妹に取り分けてくれる。

美味しそうに食べる子供たちを満足そうに見つめる父だって

食べたかっただろうに・・・いつもニコニコして遠慮ばかりしていた。

昭和の正しい親子の姿 (* ̄ー ̄*)




そんな 目頭が熱くなるような思い出のバナナも いまや

叩き売られる時代になった!

見切り品のワゴンで惚れた一品 ヽ(´▽`)/

バカにしてはイケナイ

有機栽培のバナナ    昨日までは4房で350円だったが

今日になったら 150円と庶民価格になっていたのよ 奥様。

皮は黒いが中身は 激甘 heart 

P1220728

  

もちろん    2犬と一緒に「美味しい美味しい」って食べたよ。

スイカの登場により バナナ劣勢かと思いきや

なんと!   父の仏前にバナナが真っ黒になって供えられていた。

どうやら 母が供えたらしい (^-^;

P1220729

やっと 遠慮することなく バナナを お腹いいっぱい食べられる

ようになったね     お父さん!


現代の父(ゴリ男)の お土産 (゚ー゚;     ほとんど 自分の好み。

P1220658

しかも  給料は銀行振り込みだしね~ ( ´艸`)プププ

ゴリ男は今年もアメリカには行けなかった!

残念なことに富士急方面に一泊~     わはははは。


にほんブログ村

|

« よく聞け 人間よ | トップページ | ろくでなし野郎 »

ペット」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
いっしょいっしょ我が家も遠い昔父の給料日はbananaだったhappy01
ある時子供たち。。。つまり姉弟わたし3人が
「お腹いっぱいbananaを食べたい」と言う願いを叶えてくれて持ちきれない状態で帰って来た事があったのよ
懐かしい~shine
ところで有機栽培のバナナってそんなに高いの?
今じゃ100円の時代になってるのにねcoldsweats01
さくりんちゃんも満足だったでしょうね!
父さんのお土産も美味しそう~
こちらはさくりんちゃん眺めるだけだったかなsweat01

投稿: 花ママ | 2013年6月17日 (月) 13時57分

こんにちは。モモパパです。
バナナは果物の王様だったって聞いたことがあります。
そういえば僕の子供の頃バナナってあんまり食べた記憶が残ってないな~。
風邪をひいたりして病気で寝込んでるときに食べれたのが桃の缶詰かバナナ。
今じゃ安くなりましたね~。
そうですそうです。
ちょっと黒ずんだところが甘かったですね。
スイカまで用意されてるとは!

投稿: モモのパパ | 2013年6月19日 (水) 06時41分

dog花ママさんへdog

おお!!  さすが同年代のお友達bell
今でも 我が家ではバナナは王様です
父ちゃんは朝バナナ・仏壇にも朝バナナ・ついでに2犬は
3時のオヤツバナナです
一房98円のバナナから高級一本売りのバナナまであるんですよ!!!
有機栽培のバナナもランクが上なので見切り品になってから買いますscissors
これがまた まったり ほっこり美味しいんですよ~

投稿: あやっち | 2013年6月20日 (木) 11時01分

dogモモパパさんへdog

モモパパさん世代だと メロンあたりが王様かな?
私の小さい頃はバナナは高級品で 特別のご馳走でした

あっ! そうそう モモ缶も特別のご馳走でシロップを
大切に飲み干した思い出がありますhappy02
バナナの次はパイナップルだったのですが その頃には
すでにバナナは安くなっていました

投稿: あやっち | 2013年6月20日 (木) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517295/52071149

この記事へのトラックバック一覧です: バナナン日記:

« よく聞け 人間よ | トップページ | ろくでなし野郎 »