« イチゴちゃんの告白 | トップページ | 100歳まで犬と一緒がいい2 »

2013年3月16日 (土)

100歳まで犬と一緒がいい1


春春春ーーーーーーーー  \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

一年中で一番 散歩が楽しい季節です






この季節の お話し

もう ずい分 昔  老夫婦と古い学校のお話しです





すっかり古ぼけた その木造校舎は 若き芸術家達の住処となり

創作の地となり星となり安らぎとなっていました 

老夫婦は管理人 兼  世話人として校舎の横にある

昔 当直の先生が寝泊まりしていたような所に住んでいて

そこだけ 時間が止まっているような のどかな所でした

あの頃   結婚したての若き 父ちゃんと私は 

老夫婦といっても まだ60歳を過ぎたくらいで  まだまだ

元気だった父ちゃんの伯父夫婦を訪ねたのですが 何より

興味があったのは 「若き芸術家の卵」が作る作品だったり

どういう若者達が こんな隠れ家に住んでいるのかだったり・・・・・


あの春  草原になってしまった 校庭を目の前に お茶をすすりながら

そういうことばかりを考え 想像をめぐらせ ついには 昔話をしていた

伯父夫婦と父ちゃんを残し ぶらぶらと歩き回り 

「家政婦はみた」をしていた あやっちでありました

(これは 偽インフルの時に買った)

P1220066

北海道という地は 何度 行っても ワンダホーなところで

父ちゃんの実家が北海道で本当に嬉しく 滞在中 心の中に

鳴り響く曲は ホタルちゃんが登場するドラマの主題歌でした

創作中の若き芸術家は あの日 数人だけで 丁度 昼食の

準備中で野菜を洗ったり 米を研いだりしていて 想像していた

創作活動中に出くわすという感動もなく  それどころか

「なんだ お前は?」ふうの白い目で見られたので

結局 とぼとぼと その辺を歩いていると

(昔  小山遊園地だったショッピングモール)

P1210996


古ぼけた小屋から じっと こちらを見つめる二つの目

犬でした      実は もうすっかり どんな犬だったか

忘れました

だから     とにかく 犬だったのです



あっ   夕飯の支度の時間です

この続きは次回で m(_ _)m

 


にほんブログ村

|

« イチゴちゃんの告白 | トップページ | 100歳まで犬と一緒がいい2 »

ペット」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

え~まだお話始まってないのに続き!
老夫婦がどうした?
犬は?・・・・・

続きよろしくです。

小山遊園地有名でしたよネェ~
歌うたえますよ~
おやまゆえんち~って!
CMやってましたよね。
懐かしいです。
行ったことは、ありません!

投稿: gakun | 2013年3月17日 (日) 15時15分

doggakunさんへdog

老人予備軍あやっちは正直 ずっとずっと犬と一緒に
生活したいと思ってます
最近 特に切に思うのでありますhappy01
なので こうやってブログに書いてます
どうぞ 私の戯言なんですが お付き合いください
(スゲ~ しつこいよ~ ごめんね~)

実はね 父ちゃんは過去に小山遊園地の企画部にいて
あのCMは父ちゃん達が作ったんですよ~
桜金造さんも参加して楽しい時代だったようですsmile

投稿: あやっち | 2013年3月19日 (火) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517295/50795199

この記事へのトラックバック一覧です: 100歳まで犬と一緒がいい1:

« イチゴちゃんの告白 | トップページ | 100歳まで犬と一緒がいい2 »