« ドキドキ・トンビ | トップページ | さあ もりもり食べよう »

2013年2月23日 (土)

いつまで犬を飼えるのだろうか


いつまで 犬を飼えるのだろうか





   

寒い夜  布団争奪戦をしたり 



センベイを三等分して誰が一番大きいのを食べるか揉めたり

ゲリっぴー  ゲロっぴーが治るようにと神社の神様に真剣に

お願いしたり

小さな子供のように泣いたって いつまでも側に

いて 優しい毛皮で涙を拭いてくれたり







秋になれば  さくらは10歳   りんごは8歳


この先 2犬が天寿を全うして この世を後にする頃には

私も十分によれたオバサン

よれても ショボショボしても 犬を飼いたいと思う気持ちだけは

幼かったあの頃と同じ

たぶん  80歳になったって  100歳になったって 

ミイラになっても ← ありえそう・・・・・ ( ̄Д ̄;;

 

「犬」と呼ばれる この子達と一緒にいたいと思う気持ちはかわらない

P1210907

だけどだけど   それは難しい

それが出来る人が すごく羨ましい



自分が老いても死ぬまで 側に犬がいてくれたら・・・・と思うのはエゴ

いつかは 散歩にも連れて行けなくなる

面倒をみてあげれなくなる

君達が死にゆく時 そばにいてあげられない・・・・・


P1210777



だからだから    さくらとりんごが 最後の犬になると

自分に言い聞かせてみたり ひとり覚悟してみたり   イロイロ・・・・


ああ!!   なんてこと!!






散歩をしてたら  品の良い老夫婦が声をかけてきた

年の頃は70歳くらい

「若い時は大型犬を4頭も飼っていたのよ

 ラブもいたし ゴールデンの子もいてね それは仲良しだった」と

懐かしい思い出話を聞かせてくれた



ああ!!     なんてこと!!   70歳なんて あっという間

P1200741

理性的に考えねば覚悟せねばと思うけど

気持ちは押さえきれない


いつまで 犬を飼えるのだろうか?





この際 娘達が犬好き大金持ちの二男あたりと結婚して

父ちゃんは別居でいいいが あやっち母さんは良い子だからって

同居してくれて 数頭の犬達が だだっぴろい公園みたいな庭園を

駆け巡り 芝生の上に上品に座り お紅茶をすすりながら 犬達の愛を

独り占め・・・   なんてことにならないかと作戦を練っている(どんな?)

今日この頃 ( ̄ー ̄)ニヤリ

せめて しばらくは今の健康体・肥満体を維持していきたい

ポチっと健康にイッパツ!


にほんブログ村

|

« ドキドキ・トンビ | トップページ | さあ もりもり食べよう »

ペット」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

私もあやっちさんと同じ思いです。
まず、ラブちゃんが寝たきりになったときはちゃんと世話ができるのかが心配。私ひとりだから、特にそう思う。
そして、ラブちゃんが虹の橋を渡ったら、次にまた飼えるかどうか…
考えちゃいますよね。
私は年下のお金持ちと結婚して、大型犬たちと暮らせればなぁなんて、いつも妄想してます(笑)
あやっちさんはいくつになっても、パワフルで元気そうだから、おばあちゃんになっても犬飼えると思いますよ。
お互い、おばあちゃんになってもワン友でいたいですね。

投稿: みーたん | 2013年2月23日 (土) 12時32分

ストライク!的にあたしの気持ちそのまんま!
なんか読んでて目ん玉の奥が
鼻の奥が
キューーンとジーーンとなっちまったYO
もぉこの歳になったら、子犬を迎えるなんて絶対ムリ
飼い主が亡くなってセンターに持ち込まれるわんこが急増しておるこの現実
明日はわが身!!

そんなね、センターに持ち込まれている子たちを救えるお手伝いができたらええなってね
まじで考える今日ごろごろな初老おばば

あぁぁぁ
やっぱり犬が好き

投稿: ごん母 | 2013年2月24日 (日) 10時54分

こんばんは。
花を迎える時覚悟したんよ。
これがdogとの暮らしが最後って・・・
あやっちさんの気持ちすご~くわかる!!
明日どうなるかわからないけど必ず見送ってあげるって。
ちょっと欲張りかも知れないけど16歳までとして
あと14年・・・エェ~~~わたし何歳?
わたしが杖をつくが早いか?
花の足が不自由になるのが早いか?
とにかく足腰鍛えておかねばと思う今日この頃です!

とは言うものの娘が大金持ちと結婚・・・
それいいねぇ~smile

投稿: 花ママ | 2013年2月24日 (日) 20時02分

まだまだお若いでしょ^_^ さくらとりんごが最後の犬飼いといわず。犬の気持ちと一緒で前向きに 。意外とチワワ辺りがセレブなあやっちさんに似合うかも。踏みつぶしちゃいけないが^_^ でもやっぱりラブの大きな目はやはり最高だ〜。

投稿: さくら親父 | 2013年2月25日 (月) 08時45分

こんにちは。モモパパです。
僕も同じ気持ちでいっぱいです。
果たしていつまでワンコを飼うことができるだろうか。
ワンコは飼い主さんが元気でいなきゃたちまち路頭に迷ってしまう。
そういう意味ではワンコの最後を看取るのもつらいことなんですが。
う~ん。
考えさせられます。

投稿: モモのパパ | 2013年2月25日 (月) 09時08分

おはよん^^
そうだよね~考える・・・うん・・・
でも子供さんがいらっしゃる方々は
まだ良いと思いますよー❤
我が家はもしも私たち二人が事故とかで
急死したら・・・
も~やんもハーちゃんも要領いいから
どっかのうちの子になってるかな(笑)
いやいや!とにかく先には逝けないよねっ!

投稿: momo&heartyママ | 2013年2月25日 (月) 10時09分

dogみーたんさんへdog

さくりんもシニアと呼ばれる年齢になって考えちゃうんだよね~
考えても悩んでもボンヤリしてても変わらない気もするけど・・・・・
最近はペットと一緒に入居が出来る老人のための施設もあるらしいので少し喜んでいますhappy02
(お金次第らしいけどね)

もちろん!!  ずっとずっと友達でいようねclover

投稿: あやっち | 2013年2月25日 (月) 12時50分

dogごん母さんへdog

うんうん お互いに涙も鼻水もジャージャーと垂れるほど
考えは一緒だね
私も体が動く限り「犬への恩返し」したいと思ってます
近所のご老人が「犬の散歩」というより「犬に引かれて散歩」している姿を見るとウルウルします
よたよたと歩く老人と老犬・・・なんだか圧倒的に美しいんですよね~
老いたら犬は飼えないという事実は悲しいですcrying

投稿: あやっち | 2013年2月25日 (月) 12時59分

dog花ママさんへdog

想いは皆 一緒だよね~

こうなったら ここにコメントしてくれた皆と一緒に
老人とペットが暮らせる「犬の里」とか作ってしまいたいですね
老いたら犬が飼えないから「老いても犬が一緒」という時代がやってくればいいですねcherry

ちなみ 娘達に母の野望を話したら・・・「どっか行ってくださーーーーーい」とか言って逃げましたbearing

投稿: あやっち | 2013年2月25日 (月) 13時19分

dogさくら親父さんへdog

いえいえ もう十分オババです~   わはははcoldsweats01

いつまでもいつまでも一緒に生活したいですね
それが 今一番の願望かもしれません
何年か後にパピーから育てるとなると・・・・犬より自分の方が危ないです
老いても安心して犬が飼える日本になるといいですね~

投稿: あやっち | 2013年2月25日 (月) 13時24分

あやっちさん、地震は大丈夫でしたか?

投稿: ぴょんこ | 2013年2月25日 (月) 20時38分

dogモモパパさんへdog

モモパパさんは まだまだヤングだから大丈夫!

私の年になると すごく考えてしまう問題です
最後の最後まで犬達と一緒にいたいけど・・・
老人と犬が暮らしていけるような国になるといいですねhappy01

投稿: あやっち | 2013年2月25日 (月) 21時28分

dogmomo&heartyママさんへdog

うんうん 本当に切実だよね

家の娘達なんて「犬の面倒はみるけど お母さんは一人で頑張ってね~」とか言って全然 頼りになりませんcoldsweats02
犬を飼ってる人間は世代別にみると40・50代が圧倒的に多いんだそうです・・・ということは一斉に犬を飼いたい年寄りが溢れるということですね~

投稿: あやっち | 2013年2月25日 (月) 21時36分

dogぴょんこさんへdog

ぴょんこさん ありがとう

栃木の南にある さくりん地方は震度2くらいだったので
大丈夫でしたhappy01
日光や那須は結構 揺れたみたいですね・・・・
いつも 気にかけて頂いて嬉しいです!!

投稿: あやっち | 2013年2月25日 (月) 21時38分

私も、モカが最後かなぁ~なんて思います。
でも先のことは解らないので、今を楽しく!
後悔しないように今をモカと楽しく生きたいと思っています。

あやっちさんも、さくりんちゃんと楽しくネ♪
いっぱい楽しくネ♪

投稿: gakun | 2013年2月26日 (火) 09時58分

私もあやっちさん同様、いつまでワンコを飼えるかな?と考える事があります。
出来る事なら、死ぬまでワンコと共に暮らしたいけれど、きちんとお世話が出来る事が大前提ですもんね。
大好きなラブを飼えるのは、体力もそこそこある内じゃないと無理ですし・・・
でも、先々の事を考えるより、今のプリモとの生活・毎日を幸せに過ごして行く事が、今は何より大切だと考え改めるようにしています。
お互いに、悔いが残らないような楽しい毎日を過ごしましょう♪

投稿: primo | 2013年2月26日 (火) 21時46分

doggakunさんへdog

うんうん 一日一日を楽しくだよね!!

犬と散歩してるご老人が多い さくりん家周辺
どうしても 自分に置き換えてみたり・・・・coldsweats01
いつもは前向き思考なのだけど ついつい目頭を押さえたりしております(ええ~!)
老いても犬と一緒に生活が出来る国になったらステキとか思ったりしてる今日この頃ですsun

投稿: あやっち | 2013年2月28日 (木) 10時16分

dogprimoママさんへdog

同感です!! ついつい 先々を考えて一人 悲観したりしてます
犬達にとっては「今」がすべてなんですものね

いつか・・・老人でも安心して犬と生活できるような国になったら良いな~とか思います
そういうことに憧れる年代になってきたということですね

投稿: あやっち | 2013年2月28日 (木) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517295/49595417

この記事へのトラックバック一覧です: いつまで犬を飼えるのだろうか:

« ドキドキ・トンビ | トップページ | さあ もりもり食べよう »