« ギクシャク問題その1 | トップページ | ギクシャク問題その3 »

2012年12月20日 (木)

ギクシャク問題その2

昨日の続きです ( ̄▽ ̄)


9歳と7歳になった さくらとりんご



りんごは さくらが2歳の時に我が家にやってきた

つくばわんわんランドで生まれ 生後四カ月過ぎまで

犬社会のルールの中でビシバシと育った さくらは「犬の仲間」を

必要としていたのは明らかだった




そんな時 友人のラブラドールの出産を手伝い その時に

生まれた子がりんごだった


さくらとは違い 普通の家庭で兄弟6犬で ぬくぬくと育った

りんごが来た日のことは今でも鮮明に憶えている

あれほどまでに全身全霊で喜んださくらを見たことがなかったから

ずい分 悩んだけど りんごを迎えることが出来て心底 良かったと思った

P1210151

あの日から7年という月日が流れ 2犬の関係も

ここ一年の間に少しずつ変化してきたのだが

あの事件で一気に2犬の関係が大きく変わりそうな予感






相変わらず お気楽極楽

さくら姉さんの苦悩を知ってか知らずか?

やたらに楽しそう ┐(´-`)┌

P1210042

一方  さくら姉さん  寝室から ここまで来れるように

なったが りんごのハウスには近づけない

P1210324

こんな状況なわけで またもや さくらに同情の眼が集まる

さらに もう一つ    哀れを誘う衝撃の一枚

P1210338

日当たりが良すぎて光ってますが さくらお気に入りの

日当たり最高ソファに白いお犬様

P1210340

天真爛漫というのか  まったく この犬娘は・・・・・

一見 何も考えていないように見える りんごだが さくらの

動きをジッと見つめている時もある



こんなジリジリとした緊張感に包まれている我が家なのに

かりん糖饅頭3個を食べ 気持ち悪いから同情してくれと

騒ぐゴリ男(夫)  ┐(´-`)┌




私は言いたい



ゴリ男め  饅頭山に捨ててくるぞ



これが あの事件から4日目の本日であります

ああ  一体 どうなるの?

姉さん 危うし ( ̄◆ ̄;)


にほんブログ村

|

« ギクシャク問題その1 | トップページ | ギクシャク問題その3 »

ペット」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

さくらちゃんは、優しいんだよねぇ~

りんごちゃんは、それにしても天真爛漫!
悪いことをしたとは、思っていませんね。

さくらちゃんは、今りんごちゃんと戦っても負けるってことが解っているのかなぁ~
前だったら、きちんと教育したのにね。
そこが、悲しいよね。

きっと、犬同士で解決すると思う!
さくらちゃん、がんばれ♪

投稿: gakun | 2012年12月20日 (木) 14時20分

多頭ならではの悩みですよね・・・

うちもね、とわが家族に加わり、当初色々と教えてたのがさくらで、
とわもさくらには一歩引いてたのに、ある日を境に、
その「引き」の度合いが徐々に弱まってきて、
それに比例するかの様に、さくらがとわからやや引く様な場面もあったんです。

末っ子とわが優位に立つのはまずかろう・・・と思う人間の考えと、
犬同士での上下作りに任せるべきか・・・と悩みました。

まぁ、結果的には最後までさくらを越す事はありませんでしたが、
今現在では、ハナがおとなしいのをいい事に、
シニアなハナをいじめておりますだ・・・><

言葉が喋れたら、さくりんちゃんの互いの気持ちを聞いてみたいですよね。
さくら姉さん!頑張って~!!


ps、かりんとう饅頭3個・・・
そりゃ気持ち悪くなりますがなww


投稿: purihana | 2012年12月20日 (木) 20時09分

ごごごぶさたで〜〜(汗)
自分のブログアップがやっとで??

と あやっちさんを覗いてみれば===
さくら姉さんの苦悩。
りんごちゃんの心の内。
そして原因さんの本心!
と………とても難しい問題が発生していて

私に答えられる訳もなく……
ただ
我が家も姉妹飼い。
フィンがシニアモードに突入を待っていたかの様に
元気印のキールは 自分を主張する様に!!
時にはフィンを差し置いての行為==

とりあえず 飼い主の方針として 全てフィン優先!だから‥‥
でも 今後二人の関係は二人が決めていく?と考えると
さくら&りんごの問題は 見逃せなくて。
穏やかな解決に早くたどり着きます様に(祈)

投稿: かすみ | 2012年12月20日 (木) 21時42分

doggakunさんへdog

私にとっては初めて体験することです

なんとか さくら姉さんの威厳を維持してあげたいのですが・・・・ 心の中で頑張れと応援するしかないみたいですbearing
一方 父ちゃんは つくわんで沢山の犬を見ているので
「さくら自身が超える壁」と言って知らん顔です

一方 りんごも戸惑ってる感じでギクシャクしているのが
現状です
とにかく 過剰なストレスにならなければいいのですが・・・・心配です

投稿: あやっち | 2012年12月20日 (木) 23時29分

こんにちは。モモパパです。
さくらちゃん。
りんごちゃん。
それぞれに性格があるんですね。
当たり前か。
仲良しさんでいて欲しいな^^。

投稿: モモのパパ | 2012年12月21日 (金) 06時30分

こんばんは。
その3はあるのでしょうか~
さくりんちゃんがあやっちさんの家族になった経緯を聞いて・・・
幼少時の経験もその後に大きく影響があるのかな~とか
その子の持ってる元々の性格とか?
考えても答えが出ませんcoldsweats02
人間はお姉ちゃんなんだからとか妹なんだからとかあれこれ理屈をつけますが・・・dogはどうなんでしょう?

ところでかりんとう饅頭なるものは大きいんですか?
初耳ですw(゚o゚)w
饅頭山に捨てられたらゴリ男さんシメシメって思うかもしれませんよ~coldsweats01

投稿: 花ママ | 2012年12月21日 (金) 21時57分

dogpurihanaさんへdog

そうでしたか・・・ なんか 会って詳しく聞きたいです

多頭飼いといっても2頭なので かえって難しいのかもしれないですね
咄嗟の判断が出来ずにオロオロしてしまう私も情けないんですよね~
飼い主も一緒に山を超え谷を超えて成長しなければならないのですねsad

あっ かりん糖饅頭って美味しいですね
私だったら3個くらい平気です!!  わははは

投稿: あやっち | 2012年12月22日 (土) 20時12分

dogかすみさんへdog

同じ同じ  同じです~
かすみさんとも会って じっくりお話を聞いてみたいです
今回は私自身も堪えてますbearing

フィンちゃん・キールちゃんにも そういうことってあるんですね
2頭飼いの難しさを実感してオロオロしてます

さっき りんごが さくらを遊びに誘ったのですが さくら姉さんったら隣りの部屋に逃げて行ってしまいました
そういう さくらを見るのって悲しいですcrying

投稿: あやっち | 2012年12月22日 (土) 20時21分

dogモモパパさんへdog

本当にね~  難しい問題勃発です

ちょっとしたことで こんなにも大きくバランスが崩れるとは思いもしませんでした
女子のトラブルは大変?bearing
モモちゃん達はありませんでしたか?

さくりんと一緒に私もオロオロとする毎日であります

投稿: あやっち | 2012年12月22日 (土) 20時26分

dog花ママさんへdog

ご心配おかけしてます

どうやら 雪解けまでには長期戦になりそうです

確かに幼少期は大切で その後の性格形成に色濃く反映されるのでしょうが私も りんごを「小さいから」とかって特別扱いしたし さくらも相当に甘いお姉さんだったので
反省してますdespair
2頭飼いの難しさ・・・・ぶち当たっております!!

かりん糖饅頭は美味しいです!!
外皮がかりん糖のようにカリカリで中身はアンコです
花ママさんは「オハギ」が好きって言ってたから絶対に好きだと思います
確か・・・・発祥は茨城県だったかな?
大きさは・・・ピンポン玉くらいです

投稿: あやっち | 2012年12月22日 (土) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517295/48393867

この記事へのトラックバック一覧です: ギクシャク問題その2:

« ギクシャク問題その1 | トップページ | ギクシャク問題その3 »