« 老いの悲しみ1 | トップページ | 老いの悲しみ3 »

2012年8月28日 (火)

老いの悲しみ2

「おふくろが動けなくなって救急車で運ばれた」と父ちゃんから

電話があったのが 北海道に旅立って二日目だった




え・・・・・・・・・・・・・・・・  お義母さんが w(゚o゚)w




どうやら 下半身がマヒして 動けなくなったというより動かなくなったらしい

手足のしびれは以前からあったらしく

医者からは検査・入院  必要であれば手術を勧められていたらしい

(内容と関係なく  さくりんの思い出写真いっぱい (≧∇≦)

P1200156


お義母さんの一番は ネコ達     

そして   お義父さん





だから




だから      入院も手術もしない    家を開けるなんて出来ない





お義母さんの決心は ブレない  気持ちは一歩だって

そこから動かないし譲れない


だけど   もう  歩けない           

P1150416

お姑さんの認知症介護や息子達の子育てから解放され 心の中に空いた

大きな穴を「愛情」で埋めてくれたのが 一匹の伽羅というネコだった

それから 20年   お義母さんはいつもネコ達と一緒だった


ネコが死ぬたびに 「この子で最後にしよう」


そして  伽羅   ちゅちゅ    くろ    ちび   もっともっと

数えきれないくらいの命が お義母さんの涙と共に

虹の橋へ旅立った


そして   「この子で最後にしよう」から時が流れ 気が付いたら

お義父さん   お義母さんが一番に年老いていた



「もう ネコは飼えない       自分達が先に死んじゃうからね」

なんて  切ない   悲しい     だけど現実    

P1200059

目先の生活が忙しいという理屈から 年老いた両親の

「元気だから大丈夫」という言葉を信じ切っていた私達の罪は重い

さて    さくりんと遊ぶ時間になりました  m9(^Д^)プギャー


今日も読んでくれてありがとう

もう少し続きます


にほんブログ村

|

« 老いの悲しみ1 | トップページ | 老いの悲しみ3 »

ペット」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント


お母さまの気持ちがすごくわかるえりです。
私も、どんなに調子が悪くなっても入院はしたくない。

パパやママがお家にいたとしても、
ミニーさんを置いて入院なんかできない。

自分が入院したら、ミニーさんは1人で寝なきゃならない。
自分が入院したら、2人だけの秘密のお話だってできなくなる。
自分が入院したら、毎日2回、欠かさずやっている
ミニーさんのハウスとおトイレのお掃除を
ピカピカになるまでやってあげられない。
自分が入院したら・・・

こんなことを考えていたら涙が出て来てしまった私であります^^;

どんなお薬よりも、ミニーさんと一緒にいることで
病気の辛さや不自由な生活も乗り越えられると思っているから。

お母さまもきっと、同じような気持ちなんだと勝手に
思ってしまいました。

でも本当は、自分がそばにいたいから。

・・・の気持ちがいっぱいなのかもしれませんね。
私は多分、いや間違いなくそうだから^^;

歩けないのは辛いです><
人生半分も生きてないのにぃ!と思うと切ないですが、
これから私もオバさんになり、おばあちゃんになる。
想像すると怖いけど、避けられないからなぁ・・・。

何を書いているのかよくわからなくなってしまいました^^;

お母さまあってのにゃんこたち。
にゃんこたちあってのお母さま。

これは絶対なんだと思います。

投稿: えりまうす。 | 2012年8月28日 (火) 18時16分

おはようございます。
お母様の具合は?
入院を拒まれるお気持ちわかります!
老いは誰にでも訪れる当然の事ですが・・・
さぞ不安な気持ちでいらっしゃると同時に身体もお辛いだろうなと思います!
わたしは二代目を迎える時・とにかく元気で最後まで見守る決意。。。
初代の介護でかなり腰を悪くしていましたがその頃からヨガに通い始め・・・なんと接骨院のお世話になる事がなくなりました。

にゃんこがお母様の支えであると同時ににゃんこもお母様がいてくれなくては。。。

良い方向へ向かわれるよう祈っています!

投稿: 花ママ | 2012年8月29日 (水) 10時14分

あやっちさん

あやっちさんもご主人も何も負い目に感じることないんですよ。
自分たちの孫をプレゼントしてくれた、それだけで十分孝行です。
歩けなくなる、見えなくなる、全て頑張って生きてきた、証です。
あやっちさんも私も、そろそろ人生の半分は越えましたよね。
私、老眼が進んで、いやいや見えません。
でもこれは長く頑張った証拠だと思うようにしています。
老いることは悲しいことではないと思います。
頑張ってる!まだまだがんばって欲しい!お義母さん\(^o^)/

投稿: なっちゃん | 2012年8月29日 (水) 21時58分

dogえりまうすさんへdog

そうだよね   えりさん ごめんね
こんな内容のブログで・・・・弱虫で混乱してるのは私なんです
いろいろ考えてしまって・・・しかも何もしてあげられない自分が情けなく・・・・

今も すぐにどうのということはないのですが そっと見守ることも大切なんだと考えるようになりました

えりさんの心配や不安な気持ち
それに立ち向かう勇気・・・すべてが身にしみます

ありがとう   コメント 大切にありがたく何度も読み返しました

投稿: あやっち | 2012年8月30日 (木) 20時57分

dog花ママさんへdog

お義母さんの決意は固く 痛み止めの注射で堪える方針でいくことになりました

もう 80歳になります

いつも強い意志と優しさを持った女性です

私達は これから お義母さんを見守り 助けが必要な時は すぐに駆けつけられるようにしておこうと思ってます

投稿: あやっち | 2012年8月30日 (木) 21時17分

dogなっちゃんさんへdog

ありがとうございます!! 励まされました

猪突猛進型の私は ついつい熱くなってしまって何も考えずに北海道に行こうとか思ってました

今は 老いに寄り添い見守っていこうと考えています

そうなんですよね・・・最近 生きてることが楽しいです
老いて・・・ナントかですねhappy02

投稿: あやっち | 2012年8月30日 (木) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517295/46851681

この記事へのトラックバック一覧です: 老いの悲しみ2:

« 老いの悲しみ1 | トップページ | 老いの悲しみ3 »