« 友達はアニマルコミュニケーター・2 | トップページ | ちょっと コーヒーでもいかが? »

2012年2月13日 (月)

盲導犬がいなくなる日

世の中  バレンタインで大騒ぎなのに 花盛りを過ぎた

(熟女・・・・とも言う( ̄ー+ ̄))

オババあやっちは  カンケーのない事を考え  一人

悶えていた  

Cocolog_oekaki_2012_02_13_22_07

  ブログ業界で 大騒ぎになっている 

行方不明の盲導犬アトムくん



いつもいつも  物言わぬ弱者が犠牲になる

いつもいつも  物言わぬ弱者が不幸になる

父ちゃんが 言ってたこと  考えた

「そのうち  盲導犬はなくなる」

この男     何を言ってるのか!!! そう思った ( ゚皿゚)キーッ!!







でも

カーナビのように 声で 行き先案内人をする装置が出来たら?

とても小さい装置で マイクロチップのような物だったら?

盲導犬を育成するよりお金がかからなくて お手軽だったら?

「行き先  栃木の さくりん宮殿ですね

それでは 出発するでがすよ   レッツラゴー

そこそこ 左に曲がって 30歩 歩くと信号ですぜ」

Cocolog_oekaki_2012_02_13_22_30

ネコ型ロボット    ドラエモンだっているんだし

イヌ型ロボットだって 道先案内くらい 簡単簡単


前に テレビでやってた

脳の何処かに電気ショックを与えると 全盲だった人も少し見えるように

なるとか・・・・・ もちろん  素晴らしいことだけど

いつの日か  盲導犬がいなくても大丈夫な日がくるなんて本当かな~

それでも   アトム君のような悲しい犬が増えるのなら・・・・と

思ってしまう

文明が発達し 今まで当然のように あったものが 無くなっていく

初めは惜しんでも  人間達は すぐに忘れてしまい 慣れてしまう

盲導犬も  忘れ去られる日がくるのかなー

P1190434_2

 

なんて  嫌な事を考えてしまうんだろう    私は (-ε-)

     空を越えて  ららら 星のかなた    ゆくぞ アトム

     ジェットのかぎり

     こころ やさしい   ららら   科学の子

     十万馬力だ      鉄腕アトム






アトム君は依然として見つからない

どこかで 幸せに暮らしてるのなら そっとしてあげたい

いやいや   なんとか 見つけて もう一度  

盲導犬として活躍してほしい

人間も 考える     悩む    怒る   そして 祈る

      空を越えて  ららら   星のかなた

      


アトム君は 今   どんな空を見てるんだろう

 

 

母は 今だに黒電話をジーコジーコと使ってます

ベルの音がけたたましいけど なくなると寂しいね

今日も読んでくれて ありがとう

  ↓        ↓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

 

にほんブログ村

|

« 友達はアニマルコミュニケーター・2 | トップページ | ちょっと コーヒーでもいかが? »

ペット」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

あなたバカじゃないの?
よくここまで書けるね。
なんにも盲導犬のこと知らないのね。

投稿: 匿名 | 2012年2月14日 (火) 23時05分

いつか、技術の進歩で障がいを克服できる日は来るでしょうね。
その日が来たとき、盲導犬をはじめ補助犬という区分はなくなり、ごく一般的な家庭犬として暮らすことになるのでしょうね。
迎える人間は愛情をもって暮らし、必要なお世話をできる環境を整えること。
これは今も、障がいがあってもなくても同じだと思います。
健常者も高齢になった時、物理的に困難が出てきますから、ペットを迎えることは控えなければならないと思っています。
将来の私も同じです。
仔犬から育てるわんこは、ロッキーが最後だと思っています。

日本は動物愛護に関しては後進国。
今回のことに限らず、暗い話題が後を絶ちません。
補助犬に限らず、ペットのことも問題山積ですもの。

アトム君の良いニュースを待ちましょうね。
彼の生命力と運、人間の善意を信じたいです。
人の噂は何とやらと言いますが、風化させてはいけないんです。

投稿: ぴょんこ | 2012年2月15日 (水) 00時19分

何が言いたいのか、理解できませんでした。アトム君について何か、書かれてるのかと思ってたのに。もっと、盲導犬について勉強されたほうが、よいですよ

投稿: | 2012年2月15日 (水) 05時01分

dog匿名さんとお名前がなかった方へdog

まず 最初に謝罪します

盲導犬を批判しようとか なくなれば良いとか思ってるわけではないので・・・ただ ちょっと抽象的な文面になってしまって ごめんなさい
盲導犬を育成されてる方々のご苦労もユーザーさんとパートナーとして寄り添う盲導犬も以前 福祉の仕事をしていたことがあるので少なからず理解してるつもりでした
それだけにアトム君の事が純粋に可哀そうでなりませんでした・・・・
上のぴょんこさんが具体的に私の考えを書いてくれてると思ってます
 

アトム君が元気でいてほしいと思う願いを今日も散歩で立ち寄る神社で祈ることくらいしか出来ない小市民ですが・・・・

稚拙な文と勉強不足をお詫びいたします
それから お気を悪くさせてしまって心からごめんなさい
 


投稿: あやっち | 2012年2月15日 (水) 07時17分

dogぴょんこさんへdog

ぴょんこさん ごめんなさいね~

私の文が稚拙で抽象的で分かりにくいのを具体的に書いてもらったようで・・・恐縮です

アトム君の事は本当に本当に衝撃でした
そして悲しいです
一日も早く アトム君の元気な笑顔を見たいですね

あっ  私も さくりんが最後かなって思ってます
もちろん近い将来 犬大好きオバアサンになっていることは間違いないですけどね~happy01

投稿: あやっち | 2012年2月15日 (水) 07時33分

盲導犬のボランティアをしているので少し紹介します。

使用者が道路を横断しようとしても、車が近づいてきたら
大型犬の体を利用し横断を阻止します。
使用者の前に立ちはだかり、一歩も前に進めなくなります。

盲導犬は使用者の命令に絶対的に従いますが、
上記のような危険な物から使用者を守る使命は、
盲動犬が自分で判断し必ず実行します。

歩道の上に覆いかぶさるように枝が伸びていたら・・・。
これも盲導犬が判断し、枝にぶつかる前に立ち止まり使用者に
教えます。

もちろんどちらの場合も盲導犬は止まるだけです。
あとは利用者が車の音を聞いたり、手を伸ばし障害物が
何処にあるかを確認して回避します。

まっすぐな歩道でも、きょうはたまたま自転車が止めてあったり
下水道の工事のために穴が掘ってあったり、
機械で細やかなフォローはできませんが、
盲導犬は使用者に渡される前にすべて訓練してあり
使用者との信頼関係も築かれています。

警察犬や麻薬犬、ほじょ犬はその仕事に適した性格と、
訓練を受けて人間社会でお手伝いをしてくれているのです。

同じくアトム号の無事保護を第一に祈ります。

投稿: パピママ | 2012年2月15日 (水) 16時06分

dogパピママさんへdog

ご丁寧にありがとうございます
私も盲導犬や介助犬などの素晴らしさは 理解していたつもりなのですが アトム君のユーザーさんに対して 思いの他 感情的になってしまって・・・

パピママさんが教えてくれたことは とても温かさを感じました
まだまだ 勉強不足ですね~
見ず知らずの私に いろいろ教えてくれて感謝しています

ボランティア 頑張ってください

そして・・・・ アトム君の無事を祈るばかりです

投稿: あやっち | 2012年2月15日 (水) 16時38分

あやっちさん 誤ることなんてないよ
自分のブログに自分の考えを書くに
とやかく言われる筋合いはないよ
名前も名乗れないような人なら尚更だわ
怒りのびーままです

投稿: びりーぶまま | 2012年2月15日 (水) 21時40分

dogびりーぶままさんへdog

ありがとうございます

ちょっと・・・アトム君を取り囲む環境や人間に腹を立ててしまい感情が先走り 稚拙な文になってしまって・・・
皆さんに ご迷惑・心配をかけてしまいました

反省しつつ もっと勉強せねば!!と思っています

ただ・・・・ 今は アトム君が心配です

あっ!! ちょっと 良い話しもあるんですよ
後日 連絡しますね~

本当にありがとう!!

投稿: あやっち | 2012年2月15日 (水) 22時25分

こんにちは!

以前に、いま問題になっているその○州盲導犬協会の職員さんから「もし盲導犬ロボットができたら、そちらでじゅうぶんだと考えています。生き物であることに固執したりしません」と聞きました。

パピママさんのおっしゃるとおり盲導犬はユーザーさんを手助けし守ってくれる本当にありがたい存在です。だからこそ、わたしたち人間側も虐待や不適切飼育やその疑いがあったときにはそれを無理やり揉み消そうとせずにきちんと誠実に対応する責任があると思います。
今回のケースは○州盲導犬協会に誠意やアトムへの愛情を全く感じられなくて残念です。

投稿: 彩夏 | 2012年2月24日 (金) 06時53分

dog彩夏さんへdog

初めましてです

アトム君 見つからないですね・・・ 毎日 祈ることしか出来ないのだけど 皆さん同様 心から心配すると共に
彩夏さんと同じです
アトム君を取り囲む人間達に憤りを強く感じます
人間は どうしてこうも愚かなんでしょう・・・本当に悲しくなります
善いも悪いも これが人間の性なんでしょうか

我が家は 父ちゃんも犬に関係する仕事をしているので
毎日 アトム君のことも話題に上ります
今回の出来事が風化して忘れ去られないようにしなければと思っています 

投稿: あやっち | 2012年2月24日 (金) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517295/44106939

この記事へのトラックバック一覧です: 盲導犬がいなくなる日:

« 友達はアニマルコミュニケーター・2 | トップページ | ちょっと コーヒーでもいかが? »