« 越えられない一線 | トップページ | 火の用心 カチカチ »

2012年1月17日 (火)

アメリカ的・室内飼いがあこがれ

昔々  妹の結婚式があって渡米しましたairplane


その時に アメリカの普通家庭に10日間もお世話に

なった

それも 両親共々sun

場所は サンフランシスコ郊外(そう言うのか?)の

サクラメントというところ

そこに ペッパーという勝手気ままに生活している犬がいた

P1190253

昔の写真なので ボケとりますcoldsweats01



子供のころ見た アメリカの映画やアニメに登場する犬達

家中 自由に歩き・走りまわり

自分の意志で考えて行動出来る犬達

子供達と転げ回り  家族と喜びも悲しみも共有する犬

あこがれの 室内犬 fuji   ここにあり!

まさに  ペッパーは そんな誇り高き自由を愛する犬でした

ここが ペッパーが住む家(妹の結婚相手トムの実家)

あやっちと両親 (若いなーーーーアハハハヽ(´▽`)/)

P1190248_2

この家の向かい側には だだっぴろい公園があり

ペッパーは 遊びたくなると 公園に何時間も

近所の犬達や子供達と遊んでいました

疲れると ソファに寝てたり グランドマザーに抱かれていました


あやっちとペッパー

P1190249

日本人が珍しかったのか ふらっと来ては ひざに飛び乗り

大きな目玉をグリグリさせて見つめていました

マギーとスティーブン

二人のケンカが始まると ペッパーは激しく吠えて怒っていました

どうやら ペッパーの方が偉いよう・・・・・

P1190247






式が終わり トムの実家でパーチー

P1190255




トムの友達は 超 ベリーベリー ハンサムボーイズの

花畑だったので アジアの神秘的な魅力で迫ろうと目論んで

いたのに・・・・・

相変わらず 子供に大モテ・・・・・gawk

気がつきゃ わらし・わらしのパレード 

P1190254_2

サマンサだの エミリーだの ベッキーだの

こんな小さい頃から 英語なんか使いやがって生意気だべさ



パーチーには もちろん ペッパーも参加

写真がなくて残念なのだが このテーブル下で寝ていたのです

パーチーが お開きになる頃 ペッパーは裏側にある林で狩りを

していたらしく モグラを手土産に帰って来て 参加者を喜ばせて

いたsmile

P1190250_2

私の あこがれの室内飼いの原点はペッパー




室内飼いしてるのに 室内に 囲いを置いて その中に

犬を入れる← 二重室内という(?)

しょうがない時もあるけど 一日の大半を そこで過ごさなければ

いけない犬は不幸だと思う

室内で飼うならば せめて いくつかの部屋はフリーにして

あげたいと思う

もちろん  部屋の中で24時間フリーにするのは しつけと

根気が必要

でも  そういう ルールを教えてあげたり 確かめ合う事は

室内で犬と生活をする醍醐味scissors

割と 楽しい作業だし お互いの絆も信頼関係も深まる

そうやって  犬を感じるブログメディアにも出ていたのだ!!

クツを はきながら 本日の留守番について

さくりんに話しをする

じっと 聞いている  りんご

P1190240


余裕のよっちゃんで聞いてる さくら

 

 

P1190241

「今日は スーパーで買い物して 銀行で 強盗するから

2時間くらいで帰ってくるよ・・・・  あーだこーだ」と

一応 2犬には話す

ベランダも家中も基本24時間フリーな さくりん家

あこがれの ペッパー的室内飼いには ほど遠いし

今の日本では無理だけど これからも  2犬が自分で

考えて 自分の意志で動ける空間を増やしてあげたいと思っているのです


長くなりました    ごめんなさい

今日も ポチリと よろしくです

  ↓         ↓

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

|

« 越えられない一線 | トップページ | 火の用心 カチカチ »

ペット」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517295/43783001

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ的・室内飼いがあこがれ:

« 越えられない一線 | トップページ | 火の用心 カチカチ »