« 犬より家族が先に死んだ時・2 | トップページ | ミニピンの問題 »

2011年11月30日 (水)

犬より家族が先に死んだ時・3

またもや  続きですpaper





葬儀屋さんというのは本当に凄いもんだと その時 改めて

感心した

一連の動きが流れるように進み 動きの一つ一つに無駄がない

あっという間の出来事だったが 父は見ず知らずの人達に

とても大事にされ きれいにしてもらい 和室に寝かされた






二階から  カシャカシャと 2犬が部屋の中を歩き回る音がした

「じいちゃん  帰ってこれたの?」 「知らない おじさん達は誰?」

あるいは 「朝ごはん  まだなんだけどさー」などと思っていたのかも



父は 生前 華美なものや目立つことが嫌いで家族を

この上なく大切にしていた人だったので 家族葬ということで

葬儀を依頼した

もちろん プロの葬儀屋さんが取り仕切るわけだから 私達家族は

大した心配もなく 「喪服のスカート・・・きついかも・・・・」くらいで

その日の 夜には 近所の方々や母の知り合い・私の友人など

ぞくぞくと 最後の別れに来てくれた




このご時世である      

探せば見つかったのかもしれないが  犬も参列出来る葬儀場や

火葬場が近くにあれば良いのになーと思ったのだけど

母の手前もあったし あれやこれやで 2犬のことを忘れてしまって

いる時間が長かったのも事実であった

 
 

P1180859

最後の別れに来てくれた人達が一人残らず帰って行き

さくりんは ようやく 父と久しぶりに対面した


基本 家じゅうフリーを許されている 2犬ではあるのだが

唯一 一つだけの和室は立ち入り禁止にしてあったので

2犬は この日も 和室の手前で動かなくなった

「今日は いいんだよ      じいちゃんの顔を

見てあげなさい」

「おかえりなさい」って言うんだよ

そんなことを言ったように思う

りんごは 遠慮がちに和室に入ってきて 父の顔を

じっと見つめていたのだが

さくらは どういうわけだか和室に入ることを頑なに拒否を

して 一声「ワン」と吠え さっさと 二階へ行ってしまったのであった




こういうふうに書くと 「あら  さくらちゃん さすがね

おじいちゃんとの別れが辛かったのね」と思いがちなのだが

その後 仏前のお供え物を ねらって 時には略奪に成功し

ついでに チカラ余って 位牌や花瓶を なぎ倒して 逃げ回り

ニンマリしていた さくらであった・・・・・・・・・・・・・・ので

母は 「このバカ犬punch」と怒りまくっていたのであった!!!

P1160036


人間が死ぬということは 大変なことなんだと 父を亡くして

あらためて分かったように思う

子供が生まれた時より 結婚式をした時より  何十倍も大変で

エネルギーが必要だ(もちろん お金も必要(゚ー゚;)

父ちゃんより 先に死にたいと つくづく・・・・素直に切実に思った

あやっちであるcoldsweats01


あっ    もちろん     さくりんを無事に天国に送り届けて

からですね!!   これ    鉄則

P1180807


父は徐々に弱っていき  家族も 各自 心のどこかで

少なからず 諦めていたように思うし  高齢でもあったので

「くる時がきた」というかんじだった

もちろん  悲しくもあり 寂しくもあったのだが  しめやかな

良い別れだったと思う


父が遺骨として 家に帰ってきてからも 相変わらず 

2犬は 二度の食事や散歩を楽しみ 遺骨よりも

新聞紙に包んで玄関の隅に置いてあった白菜の方に

関心大であったように思う

それでも   二・三ヶ月くらい   父がいつも座っていた座イスの

ニオイを嗅いでみたり  父が お風呂に入っていた時間になると

のぞきに行ってたりしていた

P1170797

結局   さくりんが 父の死をどう思っていたのかは分からなかった

もしも  愛する私が死んでたら・・・・・・ ああ     そうか!

自分で死んでしまったら  悲しみに打ち震える さくりんが見れない

ではないか!!

もしかして 私の遺骨より 玄関の白菜に愛を感じてたりして・・・・

そう思うと ショックで さくりんより先には死ねないと思う

十一月最後の日でしたsmile





結局  何が言いたいんだ!! と思ってはいけない

そこの貴方

あやっちは ただの可愛い主婦なんだから・・・・・  わははは

P1160929

無宗教だった 父のお墓には戒名のかわりに 

生前  大好きだった 故郷の花の名前を刻んでもらった

犬の名前も さくらだし  お墓も 櫻だし・・・・・・・

私が死んだら お墓に 「りんご」って刻んでもらおうかな



どうですか    良い考えでしょ!!!    お終い

 

「りんご」だったら可愛いが・・・・・・「スイカ」・・・・・だと

考えてしまう

お墓に 「スイカ」!!  スイカも大好きな私・・・・・

本日も ポチっと お願いいたします

 ↓             ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

|

« 犬より家族が先に死んだ時・2 | トップページ | ミニピンの問題 »

ペット」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

人も犬も居て当たり前っておもってちゃいけないね。やっぱり死って避けられない事だけど残された家族には大事な事もだね。それにしても、ポチタマのだいすけ君。亡くなったなんて、そりゃないよ〜

投稿: さくら親父 | 2011年11月30日 (水) 19時07分

犬は、自然に生きていて、死も自然のものと受け止めているように思います。

ななが、亡くなる時、ななは自分の最後を判っていたように思う。
死を全然怖がらず、自然のものとして受け止めていたように思います。

でも、家族の死は、どう受け止めているのかなぁ~???

やっぱり、愛犬より先に死ぬわけにはいきませんよネェ~

ポチタマのだいすけ君、突然すぎて悲しすぎます。

投稿: gakun | 2011年12月 2日 (金) 16時39分

何だか、とっても感慨深い内容でした。。。
私も昨年の秋に父を亡くしましたが、それは突然の別れ。
脳内出血でした。
覚悟もへったくれもない状況でしたし、離れて暮らしていた分、未だに実感があまりないという状況です。
人間ですら家族の死と向かい合うのは難しいのに、ワンコが家族の死を理解しているのか、どのように受け止めているのか謎ですが、きっと動物の勘で何かを感じているんでしょうね。

人より短いワンコの寿命。
まだまだ考えたくないけれど、やはり愛犬の最期を看取ってあげる事が、飼い主の最大の使命ですね!
でも、だいすけ君みたいな突然の別れだけは勘弁してほしいと切に願ってます。
自分の飼い犬じゃないのに、ショックが大きすぎて涙が止まらなかったくらいですから・・・

投稿: primo | 2011年12月 2日 (金) 21時36分

dogさくら親父さんへdog

だいすけ君・・・・早すぎる突然の訃報に 私もびっくり
でした

だいすけ君が所属するプロダクションと付き合いがあるので 父ちゃんはショックだったと思います

まだ なんの覚悟も出来ない間に逝ってしまったんですね・・・・
ただ ただ 冥福を祈るだけです

投稿: あやっち | 2011年12月 3日 (土) 09時14分

doggakunさんへdog

私も そう思います
「死」にたいして一番ジタバタしてるのは人間かもです
静かに ひっそりと最後を迎えたいと誰もが思ってるんですけどね~

以前 大好きな飼い主さんが癌で死んだ後に 黒ラブの子が真っ白になってしまったのを本でもテレビでも見ました
ムツゴロウさんは 人の何倍も犬は感情が細やかだと言ってたし・・・・・それでも 「死」に向き合う姿勢というか潔さ・・・・・何かが人間とは違うんでしょうねclover

投稿: あやっち | 2011年12月 3日 (土) 09時23分

dogprimoママさんへdog

お父様 脳内出血でしたか・・・・ 突然の別れは どんなにか悲しかったか・・・・そういう意味では父は ゆっくりゆっくり弱っていったので私達も ゆっくりゆっくり覚悟をかためて あの日を迎えたのだと思っています

たぶん・・・・ さくりんも ゆっくりゆっくり 父不在の日常に慣れていったのかと思ってます

だいすけ君・・・・びっくりでしたね
今は ただ ただ 冥福を祈るばかりです

追伸
つくわんで撮影した映画は だいすけ君のお父さん犬・まさお君と松本君の旅の映画でした
私は行けなかったのですが・・・・撮影中のだいすけ君の突然の死だったので 大騒ぎだったようです 

投稿: あやっち | 2011年12月 3日 (土) 09時35分

え~、あの映画だったのですか!!??
わたし、松本君役のあの方が大好きなのです・・・
エキストラ応募すれば良かった(涙)

映画化の嬉しい話の後に、悲しいニュースが続いたので、
あの日は、何が何だかって頭が軽くパニックでしたよ。。。

投稿: primo | 2011年12月 3日 (土) 18時43分

dogprimoママさんへdog

おお~   ファンでしたか!!

父ちゃんは ずっと一緒だったので ゆっくりランチして
おしゃべりしたそうです
なんでも ラブを飼いたいそうで 生後一ヶ月半のラブの子達にまみれていたそうです
礼儀正しく暖かいかんじの好青年だったと言ってました
その他にも俳優さんや女優さんも来ていたので エキストラで行った友達も少し しゃべれたそうです

残念でしたね~
明日も 二つ撮影があるそうですよcoldsweats01
あの日は だいすけ君のプロダクションの社長さんも来ていたのですが すぐ後だったので相当 ショックだったようです

投稿: あやっち | 2011年12月 4日 (日) 21時05分

何とまぁ、父ちゃんさんスゴイ~!!
同じラブ飼いになってくれると嬉しいですが、お世話するのが難しいですかね?
あんなに忙しいお仕事だと。。。
それにしても、エキストラで参加してもお喋り出来ちゃうなんて・・・益々悔しい(涙)
最初、ワンコのエキストラ募集かと思って、メール送ろうとしたんですよ。
でも、よくよく見たら違ったので、朝も早いしとやめたんです・・・早起きくらいで諦めるなんて、あ~。。。
明日も二つ撮影とは、まだ、つくわんで撮影されてるのですか?
つくわん大活躍ですね~♪スクリーンにも沢山登場?

だいすけ君、今日松本君のブログがupされてましたが、読むと涙が止まりません・・・
なんともやり切れない気持ちになりますね。

投稿: primo | 2011年12月 4日 (日) 22時17分

dogprimoママさんへdog

むふふ   なんでも チョコラブが飼いたいらしいです
「キムタ○」が羨ましがるからって 写真も沢山 撮ってたようです
遺伝の話しとか病気のことなど真剣に突っ込んで聞いてたそうです
問題は・・・・大型犬と住めるマンションが少ないということらしいです
ラブ 万歳ですね~

つくわんはショボイ施設なんですが 結構 芸能人もお忍びで来てたりしますhappy01
残念なことに 父ちゃんは全然 興味がないようです
今度は 志村動物園です
スタジオに犬を連れて行くこともあります  

投稿: あやっち | 2011年12月 4日 (日) 23時02分

へ~、チョコラブですか~♪
確かに、キムタ○さんは羨ましがりそうですね。
去年位に黒ラブのボニータちゃんが虹の橋を渡ったんでしたよね・・・確か??
大型犬OKのマンションが少ないとは意外です。
この辺ならマダしも、都会なのに・・・やっぱり世は小型犬ですね。
彼がラブオーナーさん仲間になれますように~♪♪

つくわん、わたし意外と好きでしたよ。
一番大きなランを使えなかったので、プリモ的には物足りなかったかもしれませんが、
エビス君のレースも面白かったし、何かあの雰囲気が懐かしい感じがしました。
あまり繁盛しすぎちゃうと、これまた雰囲気が変わってしまうので、あのままの感じでいてほしいですけどね(笑)
なんだか、タイトルと物凄くかけ離れたやり取りしてしまって・・・すみません。

投稿: primo | 2011年12月 4日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517295/43200956

この記事へのトラックバック一覧です: 犬より家族が先に死んだ時・3:

« 犬より家族が先に死んだ時・2 | トップページ | ミニピンの問題 »