« 良いオシリ・悪いオシリ | トップページ | ライオンのいた動物園その2 »

2011年8月 8日 (月)

ライオンのいた動物園 その1

年を取るほどに昔の思い出が鮮明に蘇ってくるというけれど

最近  本当にそうだと しみじみ思うようになった


小さい頃から  ちょっと変わった美少女だった私が (わはははsun

小学一年生の時の話し

あの頃  親子4人で住んでいたアパートの前に小さな庭があった

もうすぐ 新しい家に引っ越しするために いつもなら花を植えていた

母も その年は 何も植えていなかった

土がむきだしになっていたため  泥ダンゴ作りの楽園となり

一年生になったばかりの私は 一日中 バケツに水を汲み

小さな泥ダンゴを作っては並べ 作っては並べ 

憧れの「ダンゴ屋」さんをオープンさせて一人遊びに没頭していた


P1170897

( 清く  正しく   美しい   さくりんの夏休み )







もうすぐ 引っ越すということもあり アパートでの勉強机は

リンゴ箱に古いカーテンがかけてあり 教科書以外の本は

ライオンが表紙の動物図鑑が一冊

それでも 「マイ・デスク」は オカッパ頭の一年生・あやっちには

夢のように嬉しい空間であったことは 今でも憶えている

動物図鑑の表紙のライオンは見るほどに感動を与えてくれるし

ライオンをくんくんと嗅ぐと  野生のニオイがするようで この本だけは

大人になるまで大事に保管していた あやっちであった



あの頃   青森県の弘前市には ライオンがいるような動物園はなく

弘前城で有名な弘前公園には サル・クマ・クジャクだけが寂しく

いたように記憶している  (ここ ちょっと 曖昧。。。。)



P1170898

( 清く  正しく   美しく  緊張する夏の真剣勝負 )






ある日   泥ダンゴ屋にも飽きてきた オカッパ一年生は

何を血迷ったのか記憶にないのだが  

動物園を開こう

何故だか そう思った!! そして オカッパの行動力は凄かった!!

いや   凄まじかった!!


なにしろ  母の花壇は  一日でダンゴ屋になり 今度は

動物園なのだ!!   ジャムおじさんさえ 気が付かないであろう

進化を遂げたのである





  

P1170899

( 清く  正しく   美しく  野獣達に消化されていく たこ焼き )

                   ↑ ↑

                   誰?






オカッパは (諸君は オカッパと記されてるところを 面倒でも

         美少女・あやっちと読もう!!)

まず   その辺の 石をひっくり返し  ダンゴ虫を おもむろに

ポケットに入れ  もと 花壇。。。。ダンゴ屋だった場所に用意

してあった ブリキのバケツにダンゴ虫を入れて

バケツの側面に  習ったばかりの字で   「さい」と書いた


素晴らしいぞ    オカッパ      いきなり     サイだものsmile



次に  あらかじめ用意してあった  プラスチックの虫入れに入った

アリ達    すでに  皆で仲良く 巣を作っていて オカッパは

これも 側面に 「ひょー」と書いた


ここまでくると オカッパの行動力は益々 冴えわたり  家から

ビンを持ち出し  後ろにあった 田んぼから 無数のおたまじゃくしを

ごちゃごちゃとビンに入れ     これまた 側面に「クジラ」と書いた


サイに豹   そして クジラ

そうだ!!!!    動物園に 絶対 必要な動物 ライオンがいない


ライオンがいない!!!


オカッパには 致命的なショックであった。。。。。。。と思う

Cocolog_oekaki_2011_08_08_11_41

( 風変わりな  オカッパ少女だった )



幸いな事に(?) ライオンは すぐに連れてこられた

あの頃   子ネコや子犬は 近くの どぶ川に行けば

箱に入った状態で 時々 流れてきたのだった


今  思えば 凄いことだけど 近所の子供たちは

長い棒で その箱を 手繰り寄せて 箱の中の子ネコや子犬を

その辺に放していたのであった

もちろん  小動物を助けるとか そういう意識よりも

たんに 面白い遊びとして考えていたように思う


その中に 6年生くらいの女の子がいて  その子の家は

庭にも 家の中にも 七面鳥・ニワトリ・アヒル・ヤギ・ブタがいて

もちろん   ネコも犬も 飼ってるんだか  たんに居付いたのか

数え切れないほどいたのである


その子と遊ぶとバイ菌がつくという理由で 遊ぶのを禁じられて

いた オカッパであったが 動物園には どうしても

ライオンが必要だったので 密かに 「子犬」を頼んでいたのであった もう   疲れたので  ここで続くです   ごめんしゃい 今日も   ポチっと お願いです にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

|

« 良いオシリ・悪いオシリ | トップページ | ライオンのいた動物園その2 »

ペット」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは☆
あ!銀だこ!
私、いま食べたばっかり(笑)

あのね、あやっちさんにメールしたんです。
このブログの左ハジにある、「メールを送信」ってところから。
そしたらね、
ずいぶん日にちがたってから、送信できませんでしたって帰ってきちゃった。
もっかい今日送ってみる。
伝言でした~♪

投稿: てんまま | 2011年8月 9日 (火) 16時51分

あやっちさん、おはようございます。

小さい頃のあやっちさんは、そんな遊びをしてたんだ・・・
おかっぱ頭の可愛いあやっちさんがお庭で遊んでいる姿が頭にうかびますhappy01

だんご虫が、何で「さい」???
アリさんが何で「豹」???
おたじゃくしの「くじら」は、なんとなくわかる、わかる!黒いところが、小さな、小さな「くじら」に見えるかも・・・
でも、動物園に「くじら」は、いないかも・・・

子供の想像力って凄いね!!shine

ライオンは、ネコさんに行くかとおもったら、仔犬ちゃんに行ったんだ・・・・

絵本のような、可愛いお話の続きたのしみにしていま~すnote

投稿: gakun | 2011年8月10日 (水) 10時30分

あやっちさんが団子屋さんなら
私の小学一年生はジュース屋さんでした♪
色紙を水に浸して色を出し
コップに注いで………
あとは想像してください(笑)

さあ ライオンのつづきに期待して!と‥‥‥

投稿: かすみ | 2011年8月10日 (水) 22時48分

dogてんままさんへdog

銀だこ アツアツで美味しかったです
さくりんはダメと分かっているのに そばから離れません
いつか ふはふはして一緒に食べたいですね~happy01

メール ごめんね
わざわざ 送ってくれてありがとう
これからも ずっと仲良くしてね~

投稿: あやっち | 2011年8月12日 (金) 22時23分

doggakunさんへdog

幼稚園に入る前からオカッパでした
あの頃は オカッパの子供が多かったんですよね~

今もなんですが 小さい頃から変ってる子供でして 
ご近所さんでも有名だったようです
大人になって オバサンになっても近所の子供たちと
オバケ屋敷を作ったり 小さな運動会をしたり 近所では
風変わりな人のイメージが強かったみたいです

うんうん なんでネコじゃなく 犬だったのか私自身も
不思議で 先日 母に聞いたら「犬の方が好きだったのよ」という簡単明快な回答でしたhappy02

投稿: あやっち | 2011年8月12日 (金) 22時30分

dogかすみさんへdog

わあ!!   ジュース作りもやったよーーーー

昔の折り紙は色落ちしたんだよねsmile
懐かしい!!!
今時の子供たちとは ずい分 遊びも様変わり
ほとんど 外で遊んでいたように思います
それでも 室内で リカちゃんとかやってたこともあったのですが 髪の毛を全部 切り落として母に大目玉をくらいましたcoldsweats01

投稿: あやっち | 2011年8月12日 (金) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517295/41128980

この記事へのトラックバック一覧です: ライオンのいた動物園 その1:

« 良いオシリ・悪いオシリ | トップページ | ライオンのいた動物園その2 »