« ご心配ありがとうござました | トップページ | 心配 »

2011年3月21日 (月)

聖書の中に「普通であることの奇跡」という意味の言葉がある

    住処があって   食べ物があって

    家族や友人があって     仕事があって

    笑顔があって         ささやかな希望があって

 普通の生活    私達は「奇跡」の中で生きてきたんだなって

今は とても強くかんじます

一日も早く  世の中の人達すべてがが 普通であることが 当たり前に

なればいいですね

P1160547

 父の お墓

まさか こんな地震がくるなんて 思ってもみなかった日

「すんごい地震きても大丈夫なように倒れにくい低いお墓で

お願いします」と石屋さんに依頼してました

父は生前  信仰していた宗教がなかったので

墓石の真ん中に 文字を刻んでもらうことになっていました

よそ様の墓を見ると「絆」とか「愛」とか「復活」というのもありました

               桜

父が好きだった  弘前の桜

日本人の心の花   桜

もうすぐ   桜の季節です   私達一人一人の

希望と祈りを花びらは きっと泣いてる人達にも届けて

くれるはず

父のお墓には   「桜」と一文字 刻んでもらうことに

しました

お父さん   いいよね    「桜」で

もうすぐ   日本は 桜の季節だよ

P1160314

あっ      この姉さんも   さくら。。。。。でしたcherryblossom

P1160058

先日   さくりんの住む栃木県小山市にも 福島から

たくさんの人達が来ました

さくりん家から とても近い県南体育館にも100人以上の人達が

寝泊まりしています

(バドミントンは しばらくお休みです)

物資が圧倒的に不足しており個人レベルでも生活用品を

受け付けてくれるということだったので

僅かですが  チャリで届けてまいりました

帰り道   歯医者さん(本友達^^)や畑のおじいにも

お願いしたり  生協の兄ちゃんや友達にも頼んでおきました

子供たちの文具・玩具・靴下・下着・タオルが特に不足してるようです

これを見てる  小山市の皆~      頼むぜ!!

さくりん家は お風呂や食事の提供も出来そうなので

市の方に登録しようと思ってます

さくりん家    家族5人・天国1人・犬2頭

出来ることから 初めていきたいと思っていますsun

あっ!!!!   ちょっと 良い話し

チャラ系兄ちゃん1「オメー  そんなに菓子買ってどーすんだ」

チャラ系2「バイト代でたからよー  体育館さ 持っていくんだ」

ある スーパーマーケットでのお話し

アッパレ!!!!     チャラ系兄ちゃん  

あやっち    チャラ兄ちゃんに チュウーしたい気分でした

P1160055

あっ   チュウーは。。。。。。。ちょっと。。。。。。

   

         

  

|

« ご心配ありがとうござました | トップページ | 心配 »

ペット」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

東北、青森も普通にとはいきませんが回復に向かってます〜。ニュースでは毎日、災害の事ですが人も大事ですが犬や猫の存在は?って思う所も。人間も動物もみんな家族だし生き物です。何か犬達にできないかと思ってました所、いつも行くドックカフェで災害救助のための犬募金をしてました。集まったお金は関係団体に渡すそうです。何もできない私に代わって少しでも大好きな犬達に幸せになってもらったらと思い寄付してきました。
日本はこれから春を迎えます。桜の季節です。家も黒いですが女の子のバカ犬さくら。人も犬も猫も春に咲く桜の様に幸せ満開になれたら。

投稿: さくら親父 | 2011年3月22日 (火) 09時54分

あやっちさん

桜、いい言葉ですね。
お父様もきっと喜んでいらっしゃることと思います。
阪神の時と違うと思うことがあります。
あの時の震災では避難所に犬や猫が入れてはもらえず、置き去りにされた子や保健所に送られた子がたくさんいました。
でも今回の震災では入れてもらえる避難所もあるようですね。
よかったよかった。
まだまだ復興には時間がかかると思いますが、人間同士も犬も猫もみんなで乗り切りたいですね。
東京の街は電力不足でとても静かになりました。
渋谷や新宿、家の近所から流れてくるカラオケ店の音、ギヲギラギンのネオン、みんななくなって静かになりました。
私はこの方が好きです。
もうすぐ桜の季節。
今年は静かに桜を眺められそうです。

投稿: なっちゃん | 2011年3月22日 (火) 19時12分

dogさくら親父さんへdog

あっ そっか!!!  さくらちゃんでしたね~
同じ名前は嬉しいです
北国の厳しい寒さを乗り越えた桜は清々しく力強いかんじがして とても好きです
それに。。。。。懐かしい。。。。
父のお墓に刻む「桜」は まるっこい字ではなく 強い意志をかんじる字体にと考えています

さくら親父さん 住んでる地は離れているけど同じ気持ちでいてくれて嬉しく思います
ちょっと良い話しですhappy01
小山市に避難してきた犬達を守るため獣医さん達が結束したそうです
健康管理も当番制で行い 犬やネコ・小動物達200頭以上の住処を確保したそうです
不幸にも失われた命も多いけど 今を生きる「命」のために頑張ると。。。さくりんのホームドクターが話してくれました
各地でも すでにそういう活動が始まってるそうです
日本人の心の中に咲く桜。。。いつか満開になればいいですね

投稿: あやっち | 2011年3月22日 (火) 20時37分

おぉっ!
なんぼ良い話っこだべ!


おらもチューしに行くっ♪
ん・・・ちょっと違うね^^;
日本人の心の中に咲く桜。。。
いつか満開になりますよ❤

投稿: momo&heartyママ | 2011年3月22日 (火) 21時52分

dogなっちゃさんへdog

ありがとうございます
生前 父は桜の花や木が好きで小さかった私を自転車に乗せて弘前公園の桜を見に連れて行ってくれました
「大きくなれ この木みたいに強くなれ」と まるで祈るように言っていたもんですhappy01

さくりん家は近くに送電所が三ヶ所もあるので停電もなく毎日 過ごしやすいのですが さすがに夜は真っ暗です
田舎なので ちょっと怖いくらい!!!
静かな東京。。。。ちょっと良いですね

さくりん地方も獣医さん達が終結して健康管理をしたり
住処を確保したようです
さくりん地方の犬飼い族も要請があれば いつでも出動したいと話しています
原発の問題とか他にも難問は山のようにありますが 今 この時をどう生きるかが ある意味 正念場だと思ってます

投稿: あやっち | 2011年3月23日 (水) 20時23分

dogmomo&heartyママさんへdog

本当は ちょっぴり悩んだんですよ
「桜」という一文字に家族は反対でした
でも 母が最後に「花は元気にしてくれる」という言葉で
決まりました
今年は日本人にとって大変な年になってしまいました
一人一人が胸の奥に咲く桜を分け合い元気玉を飛ばし続けなければなりません
父のお墓の前に立つたびに 今の気持ちを忘れないように
祈っていきたいと思ってます
父は優しい人だったから きっと喜んでくれると信じていますcherryblossom

投稿: あやっち | 2011年3月23日 (水) 20時39分

何か犬達にできる事はないかとずっと思ってた所にDOGGarden青森さんのブログに救援物資の呼びかけが。お客様の声でお店が先頭になってくれました。せめて私も何か役に立てたらと思い皆さんから集まった必要とする大事な救援物資の運搬を災害地の仙台の場所に私が請け負う事になりました。一緒にいた家族と離れ離れになった犬達に人間同様に笑顔で会えます様にと願いながら。一人じゃできない事もみんな力を合わせたら何でもクリアできるって思いたい。
今回も日本のありかたに不満を持ちました。警察に緊急災害物資の運搬のために緊急車両許可証を発行してもらう為に事情を説明したら昨年のある日に家のさくらが車にひかれて先方の保険屋さんとのやり取りで納得いかない事と同じ様な回答。この国の犬の存在価値。確かに理屈はわかりますが…!

「緊急災害物資は人間の必要とするのが優先」。問題は次の言葉です。「犬や猫は日本の存在は物扱いだから!。一緒に暮らしてたとかは関係なく、あくまでもペットは物だから」

あやっちさんなら私の納得いかない煮え繰り返る気持ち、わかってくれると思います。助けてあげたくても助けるのに時間がかかる事を。

今の地震の災害も災害救助犬が活躍してるのに!

がんばれ、災害にあった犬や猫や動物達。

投稿: さくら親父 | 2011年3月24日 (木) 02時29分

dogさくら親父さんへdog

もちろんです!! さくら親父さんの怒り伝わってきます
実は 父ちゃんの勤務する茨城の「わんわんランド」では
さくら親父さん同様 300頭分のフードが栃木で足止めされています
もう 2日分しかないので何とか運んでほしいと頼んでも
「人の救援物資」優先だそうです
「人間と犬 あんた どっちが大事かわかるでしょ」と言われたそうです
そうかもしれない。。。いえいえ そんな訳ない!!!
どっちも大事だし尊い命のはず。。。
結局 本日 トラックで栃木の外れまで受け取りに行くそうです
犬の運命は支えてくれる人間次第で左右される現在
さくら親父さんを初め立ちあがった人達に乾杯です
日本は本当に後進国だと思います
以前 飼ってた犬が亡くなった時 鑑札をどうするか市役所に電話したら「死骸はゴミ袋に入れて生ごみに出してください」と。。。。。
物扱いどころか 死んだらゴミ扱いです
福島では すでに野犬になってしまった犬達が多いそうです
何頭かでうろうろしているそうで。。この子達は一体どうなるのか。。。。。。
ああ!!! 悲観してはいけませんね!!!
今日は さくら親父さんのコメントで元気玉を頂きました
ありがとうございます
そして 頑張ってください

投稿: あやっち | 2011年3月24日 (木) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517295/39313549

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ご心配ありがとうござました | トップページ | 心配 »