« 小型犬との正しい友情(室内編) | トップページ | 空と星と »

2010年2月17日 (水)

悲しいけど温かい

皆さん  お元気ですか!!!

バレンタインも終わり さくりん家の美少女ひとり

父ちゃんの貰ってきた義理チョコレート三昧に忙しい日々を

送っておりますsmilesmile    チョコ大好き!!!

さて   今日は ちょっとしたエピソードなんですが写真が

ないので 先日 行った おそば屋カフェの写真を使用させて

頂きます

P1110895

おじさんの家の犬は 今や大人気の柴犬

さくりんと散歩が一緒になるようになった頃には  とうに

10才を超えていたと思います

最初の頃は 柴犬らしく さくりんに「わんわん」吠えまくり

おじさん家の前を通り過ぎる時も 激しく暴れ  まことに

日本の良き時代の番犬をしていました

たぶん。。。。。。。。。。。。。。さくりんに吠えなくなったのは

ここ1年くらいだと思います

彼は それでも 柴犬の凛とした姿を さくりんに見せつけ

堂々とした貫禄は まさに柴犬!!!

P1110886

ところが。。。。。。。。。。。。この柴犬おじさん

ちょっと頑固・変わり者で有名

さくりんのウンチを後始末しているのを見て 「犬の

ウンチなんか 転がしておけばいいんだ」と何回も

軽蔑したようにケラケラと笑っていたのです

毎日 毎日  朝の散歩で 柴犬おじさんと一緒になりました

おじさん  毎日 毎日  さくりんのウンチの後始末を

笑って あきれて見ていたのですが     ある日

片手に小さなシャベルを持つようになっていたのです

どうやら 柴犬のウンチに土をかけて歩くスタイルにかえた

よう。。。。。。。。。。。私は 知らないふりをしていました

P1110867

それからも おじさんと朝の散歩は一緒でした

それは ほんの5分位の道のり

私は さくりんのウンチを袋に入れて  おじさんは

スコップで土をかけて。。。。。。。。。。。。毎日 毎日

ある日              

柴犬おじさん   恥かしそうに 私にウンチ袋を見せて

くれました

「昨日  ペットショップに行ったら売ってたんだ~」と

ほっこり笑う姿を見て  ちょっと泣きたい気持ちに

なりました

もちろん         嬉しいからです

P1110873

それからの 柴犬おじさん   見事に大変身

「アンタ  犬のウンチ ちゃんと持ち帰っていかなきゃ

ダメだんべ~」と放置する人に注意しているでは ありませんか

過去の事など すっかり忘れたかのようにすましている

おじさん。。。。。。。。。 なんとも愛すべき人

P1110889

「ちょっと  アンタ  こっちにおいでよ」と おじさんに

声を掛けられたのが今年の初め

見ると 畑で近所のお婆さん達と小さな焚き火をしていました

散歩中だったので 一礼だけして立ち去ろうとした私に

「こっちに来てほしいんだ」と逆らえない強い口調で  まるで

睨み付けるように。。。。。。。。。。。。。。

おずおずと 焚き火の方に行くと 急に   それは本当に

急に おじさんの顔が歪んだかと思うと  おいおい

おいおい 泣き始めたのです

一緒にいた お婆ちゃん達も私も さくりんも びっくり

P1110893

「死んじゃったんだよー   オレの腕の中で チビはよー」

その時 初めて 柴犬の名前を知りました

「朝  オレが起きてくるの待っててよー  抱き上げたら

ふっと最後に大きく息してよー」

チビは 15才になっていたのも この時 初めて知りました

「医者の野郎~  寿命だなあ~って。。。バカ野郎

まだまだ大丈夫だったんだ~」

ポロポロ 大粒の涙が おじさんの頬を流れていきました

焚き火の火がパチパチと勢い良く火の粉を散らしていました

P1110898

ひとしきり泣いた おじさんは恥かしそうに寂しく

笑って「オレは また犬 飼うぞ」とキッパリ言いました

お婆さん達が ミカンを さくりんに食べさせてくれました

「アンタ 今度は 保護されてる犬 もらっといで

子犬だば  ダメだよー

どっちが先に 死ぬか分かんねーからー」と妙にリアルに

お婆さんは言ったのです

「チビは良いヤツだった~」と おじさんが最後に私に

むかって言いました

「うん 良いヤツだった~」と一言  私も 呟きました

P1110865

「今度は室内で飼うの」と聞くと

「バカいってんべ~  犬は外で飼うのが正しいんだ~」と

おじさんは胸を張って言いました

「チビはよ~  いつも見える庭に埋めてやった

いつも 見えるからよ~」

P1110883

チビ    君は 最後の最後まで立派な番犬だったね

もしかしたら 家の中で過ごしたかった???

ううん 君は 番犬としての誇りをもっていたものね

通る人・犬に吠え 家人にキケンを知らせ 守ってきた

ものに大きな誇りをもっていたものね

おじさんが最後の日  玄関に入れてあげようとしたら

頑なに拒んだって。。。。最後まで柴犬としての威厳を

忘れなかった

そういう偉い子は きっと大きな星になっても 時々

おじさん家の番犬しに来てるのかな~

P1110879

おじさんの家の庭にチビ2号の吠える声が聞こえて

くるのは いつ頃だろう

きっと  さくりんに ギャンギャン 吠えるんだろうなぁ

さくりんもあやっちも  楽しみに待っています

犬の幸せの形も いろいろだと あやっちは思います

チビは 間違いなく幸せもんでしたfujifuji 

|

« 小型犬との正しい友情(室内編) | トップページ | 空と星と »

ペット」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

あやっちさんこんにちわ~~!
とっても感動するお話です。
あやっちさん可愛いキャラも描けるし絵本にしたらどうですか?flair

放置派から隠滅派・・・で持帰り派になったおじさんの心の変化って
おもしろいhappy01
ワンコ友達?
きっとそうだよ~~!
あやっちさんはチョット変った頑固おじさんのメガネに叶ったのね~(笑)
頑固な人は年を取れば取るほど孤独になっちゃうから
おじさんも意地っ張りしてても寂しかったんだよねキット・・・・

頑固さや強情ってもって生まれた性分だから治せってっていっても100パームリですね・・・^^;
でも人目も憚らずに涙したおじさんの涙は素直な涙でしたね。

おじさんが(勝手に)ワンコ友達って認めたあやっちさんに
チビとお別れした切なさを聞いて欲しかったんだね・・・・

おじさんが泣きながら話せる相手があやっちさんでよかった~shine


投稿: | 2010年2月17日 (水) 14時36分

こんにちは★

うちの近所にも、てんちゃんが通るたびにわんわんする
柴犬ちゃんがいます。
寒い夜もお外にいます。
私は軽々しくも「寒いのにかわいそう」と思ってました。

おじさんと柴ちゃん。

それぞれに、それぞれの、絆があるんだなぁ。

投稿: てんまま | 2010年2月17日 (水) 15時55分

ちょっとウルウルもんの話だわ
きっと次も「ちび」ちゃんね
外飼いだから可愛そうと思われがちだけど
それぞれなんだよね~
我が家の近所ぷーちゃんが外飼い
それはやっぱり可愛そうな気がしてなりません

投稿: びりーぶまま | 2010年2月17日 (水) 18時49分

絶対にチビは幸せだったし、今も天国で幸せにおじさんを見守ってるよheart02
チビ2号を見れる日が楽しみだね〜heart01

投稿: ななるる | 2010年2月19日 (金) 00時27分

うわ~ん!
泣けちゃうね~!
チビは幸せなwan生だったんだよね♡
いい関係だったんだな^^

でもさー泣かせる話に
面白い+美味しい写真で・・・・
すごいコラボなんだわあ(^^)

投稿: momo&heartyママ | 2010年2月19日 (金) 10時22分

dogひなママさんへdog

わあ~  嬉しいコメ ありがとうcoldsweats01
さくりんと散歩するようになって6年。。。私たちの年代の人達は殆ど働いているので途中 一緒になったりするのはご老人とその愛犬達なんです
どの子も個性的で楽しいです

おじさんは 何処にでもチビを連れて歩いてました
畑仕事の時もチビは おじさんの側にいたし 庭先で煙草を吸ってる時もチビは おじさんの横に嬉しそうに座ってました
おじさんは いつもチビに話しかけていて。。。。そういう人と犬の自然な姿が私は大好きなんです
私も 犬達とそういう自然な関係が築けるオバアサンになりたいですhappy02

投稿: あやっち | 2010年2月21日 (日) 22時46分

dogてんままさんへdog

私も単純に「外飼は。。。」なんて思ってましたcoldsweats01
最近になって ちょっと認識を改めました
室内犬でなくても この辺の犬達は すごく伸びやかな子が多いようです
おじさんのように何処に行くのもチビが一緒
畑にもトラックの助手席にも犬達がいます
残飯を食べ 畑で嬉しそうに焚き火に放り込んだ焼き芋を食べたり。。。。すごく自然で犬達はイキイキしてます
いろいろな面で管理された犬達も素晴らしいのですが こうした犬達もきっと幸せなんだな~と最近しみじみ思うあやっちです

投稿: あやっち | 2010年2月21日 (日) 23時01分

dogびりーぶままさんへdog

おじさんの涙には ちょっとビックリしました
チビは生涯最後まで外犬でしたが おじさんは畑にも何処にでも
チビを連れて行ってたし よく庭先でチビに話しかけていました
いつも チビは眩しそうに誇らしげに おじさんを見上げていました。。。。
散歩もおじさんの歩調に合わせて歩く子で 本当に おじさんを愛してるんだろうな~なんて思いました
チビには小さな幸せが沢山あったと思います
そして おじさんもチビから沢山の幸せを貰ったんだと思います
それにしても。。。。。。。確かに 外・室内に関わらず可愛そうな犬も多いですね。。。。 さくりんは?なんて考えてしまいます

投稿: あやっち | 2010年2月21日 (日) 23時13分

dogななるるさんへdog

チビのおじさん きっと ななるるファミリーも知ってるよー
自治会の班が一緒だったもの~happy02

チビとおじさんはお互い本当に幸せだったと思ってます
いつでも何処でも二人は一緒でした
犬にとって「一緒」という事が最高に嬉しい幸せなんだと思います
外でも室内でも お互いを感じあえる。。。。チビとおじさんは きっと そういう関係だったと思います
あやっちも さくりんと そういうふうに生きていけたらと思うこの頃です~wink

投稿: あやっち | 2010年2月21日 (日) 23時21分

dogmomo&heartyママさんへdog

うんうん なかなかのミスマッチな写真だったでしょう(うひひひ)

私もチビとおじさんは幸せな年月だったと思っています
この二人は いつでも何処でも一緒でした
チビは残飯を食べ犬生一度もシャンプーしてもらったり遠くに遊びに連れて行ってもらったことはないと思うのですが愛する人の側にいて番犬としての役割を果たした。。。。
おじさんはチビに いつも語りかけていて チビはおじさんの事を
嬉しそうに眩しそうに見つめていて。。。こういう場面が なんとも
愛おしくて感動してしまう近頃のあやっちです
さくりんとも そういう関係でいたいと思ってますhappy01

投稿: あやっち | 2010年2月21日 (日) 23時30分

犬が飼い主を成長させる
いいお話ですね。
私もロッチャーに成長させてもらいました。
素晴らしいパートナー犬に乾杯~!

投稿: lablab母ちゃん | 2010年2月22日 (月) 00時27分

またやっちゃった~~~coldsweats01
名無しのゴンベイは私でした~~~ハハハハ^^;
あやっちさんごめんねheart04

投稿: ひなママ | 2010年2月22日 (月) 14時44分

doglablab母ちゃんさんへdog

うんうん  あやっちも大きく美しく清らかに成長したものーsmile
おじさん 心の一番 柔らかいところが成長したよね。。。。
きっと そうだと思うconfident
おじさん この辺では偏屈・頑固で有名人なんだけど。。。犬のチカラってすごい!!!!
母ちゃんさんは本当に頑張ったもんね
ロッチャーくんと共に毎日 乾杯だよね
もちろん 「強くなった母」と「親孝行ロッチャーくん」に乾杯~

投稿: あやっち | 2010年2月23日 (火) 19時30分

dogひなママさんへdog

私も ごめんちゃいsweat01
すっかり 勘違いしてしまって。。。。。。。。
嬉しくて暖かいコメントを いつも ありがとうheart

投稿: あやっち | 2010年2月23日 (火) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517295/33413847

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいけど温かい:

« 小型犬との正しい友情(室内編) | トップページ | 空と星と »