« とーちゃん不在の日々 | トップページ | とーちゃんのロサンゼルス その2 »

2008年12月23日 (火)

とーちゃんのロサンゼルスその1

ハロー  皆さん  とーちゃんが無事 帰宅しました

今回は 生徒さんの引率として参加

久々の海外に 浮き足だった中年男の お話しです

Cimg1645

司会は 美少女あやっち(

「あっ!!! 生徒さんですね」

とーちゃん(

「はい  このバスで毎日 移動しました  あやっちさん」

Cimg1653

「あの山の黒いところは なんですか?」

「先日 火事になったところです   あやっちさん」

Cimg1651

「おお~~~ 私の願いを 叶えてくれたんですね」

「はい  撮ってこいとの命令だったので。。 あやっちさん」

Cimg1659

「ここは 最初の目的地 フィルモアのブリーダーさんの

 ところですか??」

「そうです 主にアジリティーのシェルティー・ハーディング

 のボーダーコリー達がいます

 向こう側はオレンジ畑で 犬達の生活するスペースは

 一万五千坪の広さが あります    あやっちさん」

Cimg1660

Cimg1661

「おお!!! 素晴らしい」

「この子達は ここで きっちり 訓練を受けてから

 飼い主さんに 渡されるという事です  あやっちさん」

Cimg1665

「この人が 全米チャンピオンを育てた人です」

Cimg1677

「この女性は シェルティーのアジリティーで やはり

 チャンピオンを育てたことのある人です

 一番 奥にいる子は 日本の人が予約をしてる

 そうです」

Cimg1672

「なんと!!!  この子は16才のシェルティーです

Cimg1656

「この存在感のあるオシリの女性は?」

「ここのボスですね  ここは4人のスペシャリストの

 人達が 繁殖から訓練・しつけ すべてを受け持ち

 それら すべてを合格した子が飼い主さんの元へと

 旅立つシステムになってます   あやっちさん」

Cimg1678

「ここは 全米で最も 優れた高等医療施設です」

Dscf1147

「受付ですか??」

「はい 人間の病院みたいです

 それぞれの専門医が25人位います  あやっちさん」

Cimg1688

「CТスキャンですね  日本の動物病院でも かなり

 普及してきました  あやっちさん」

Dscf1183

「立体画像も見られるので 小さな病気も見逃さないで

 済みます  羨ましいですね  あやっちさん」

Cimg1692

「手術は 見えるようになってます

 飼い主さんも 心配そうに見てました

 執刀医・看護士二人・麻酔科医の4人チームが一応

 原則のようです」

Cimg1695

「こちらでも 手術中ですね   あやっちさん」

Cimg1693

「リハビリの器械も充実しています  屋外には

 リハビリ用のランも ありますね    あやっちさん」

Cimg1725

「日本人の お医者さんも居ました

アメリカの動物医療の現状などを話してくれました」

「本日は ありがとうございました

 次回は 動物保護施設・AKCナショナルチャンピオン

 シップなどの様子をお伝えいたします

 とーちゃん 宜しく お願いいたします」

「はい  愛する あやっちさんのために頑張ります」

それでは  みなさん  さようなら~~~~ 

 

 

 

 

   

 

|

« とーちゃん不在の日々 | トップページ | とーちゃんのロサンゼルス その2 »

ペット」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
パパさん、無事にお帰りでよかったですね~
お疲れ様でしたm(_ _)m
アチコチの写真が何かのパンフみたいで
「ほぅほぅ」と呟きながら読んじゃいました。
次回のUPも楽しみにしてま~す あやっちさん

投稿: kaota | 2008年12月24日 (水) 22時20分

おかえりなさーい
愛するあやっちさんの元へ無事帰宅ですね!

おお!さすがスケールが違うね~
病院なんてうちの近くの県立病院よりすごいじゃないの
こりゃ~次も楽しみ楽しみ

投稿: nerumama | 2008年12月25日 (木) 18時16分

こんにちわ。
とーちゃん、無事帰宅よかったですね。
にぎやかなクリスマスだったかな?

で。。いまさら聞いていいのか・・
素朴な疑問なんですけど
とーちゃんはナニ屋さん??

投稿: てんまま | 2008年12月26日 (金) 17時58分

kaotaさんへ

とーちゃん 元気で留守がいい。。。じゃなくて
元気で帰国です~~~~
我が家の今年最後の大イベント!!!
日本との あまりの違いにア然ですよね。。。
特に病院は羨ましい

投稿: あやっち | 2008年12月26日 (金) 20時09分

nerumamaさんへ

は~~~い 高額海外保険??にも加入したのに。。。残念な
ほど明るく元気で帰って来ました
私も病院のスゴイのにはビックリ!!!
人間並みだもんね~~~
日本の動物医療機関にも ぜひ頑張ってほしいですね

投稿: あやっち | 2008年12月26日 (金) 20時13分

てんままさんへ

クリスマスは地味だったけど てんちゃんと同じく さくらがトナカイに なっちゃいました
次にUPしますね~~~(これが。。。笑えるのよ!!)

とーちゃんは 犬に関係した仕事を志している人のための学校の
講師なんですよ
平たく言うと専門学校です
生徒さんは トレーナー・看護士・ブリーダー・盲導犬や麻薬捜査犬育成などの職業に就いて頑張ってます
普段は さくりんの普通の父やってます

投稿: あやっち | 2008年12月26日 (金) 20時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とーちゃんのロサンゼルスその1:

« とーちゃん不在の日々 | トップページ | とーちゃんのロサンゼルス その2 »